2018年11月12日

絵本紹介「はじめてのおつかい」

今日は職員室での業務があり、
子ども達の写真が撮れなかったので、
絵本の紹介です。

はじめてのおつかい 福音館書店
はじめてのおつかい 福音館書店.jpg

 みいちゃんは、家事に大忙しのお母さんからおつかいを頼まれます。100円玉を2つ、ぎゅーっと握りしめ、牛乳を買いに出発しました。はじめてのおつかい。絵本を見ている子どもたちにも、みいちゃんのドキドキとワクワクが伝わっていきます。道中、1人でおつかいに行く事を友だちに自慢したり、転んで100円玉を落としてしまったりと様々な事が起こりますが、みいちゃんは頑張ります。絵本を見ている子ども達も、100円玉を一生懸命探したり、「(この後)ころんじゃうんだよね。」と心配したりしています。

 子どもたちに1人でおつかいを頼みづらくなってしまった現代。子どもたちはこの絵本を見ている時、頭の中で1人でお使いに出かけています。

 この絵本は、字を読んでいる大人には気付く事が難しい秘密があります。
是非、探してみて下さい。
関連記事:字を読む大人、絵を読む子ども

ブログ担当:教頭
posted by 横浜昭和幼稚園 at 15:14| えほん