2018年11月13日

好きこそ物の上手なれ

すみれ組とゆり組は毎年この時期に体力測定を行っています。

今日は幅跳びをしていました!
最初に説明を聞いてみんなでジャンプ!

RIMG3774.png


RIMG3775.png



よく見ると、手に作品を持ったり、身体に身に付けたりしていますね!(笑)
それほど大切なのでしょう。物を大切に扱う事が出来るのは素晴らしい事ですね。

その後は個別での測定です。
最初は両足踏切、両足着地がなかなか難しいです。ですが、何回か挑戦すると出来る様になっていきます。
RIMG3779.JPG


RIMG3793.JPG


子ども達は測定以外でも
沢山ジャンプをしています!
RIMG3794.JPG

楽しんで行う事が出来ると、自然とその行動に掛ける時間が多くなります。
多く、長く行っている事は、だんだん上手になってきますね!「好きこそ物の上手なれ」という諺の所以ではないでしょうか。

幼稚園では、どんな活動であっても、まずは子ども達が楽しむという事から始めています。
RIMG3800.JPG

体力測定は、遊びの中で身に付けている身体の動かし方の成長を可視化する為に行っています。周りの子と競争するのではなく、その子ひとりひとりの成長を見守って頂ければと思っています。

ブログ担当:教頭

関連記事:跳ぶ


posted by 横浜昭和幼稚園 at 15:03| 日記

2018年11月12日

絵本紹介「はじめてのおつかい」

今日は職員室での業務があり、
子ども達の写真が撮れなかったので、
絵本の紹介です。

はじめてのおつかい 福音館書店
はじめてのおつかい 福音館書店.jpg

 みいちゃんは、家事に大忙しのお母さんからおつかいを頼まれます。100円玉を2つ、ぎゅーっと握りしめ、牛乳を買いに出発しました。はじめてのおつかい。絵本を見ている子どもたちにも、みいちゃんのドキドキとワクワクが伝わっていきます。道中、1人でおつかいに行く事を友だちに自慢したり、転んで100円玉を落としてしまったりと様々な事が起こりますが、みいちゃんは頑張ります。絵本を見ている子ども達も、100円玉を一生懸命探したり、「(この後)ころんじゃうんだよね。」と心配したりしています。

 子どもたちに1人でおつかいを頼みづらくなってしまった現代。子どもたちはこの絵本を見ている時、頭の中で1人でお使いに出かけています。

 この絵本は、字を読んでいる大人には気付く事が難しい秘密があります。
是非、探してみて下さい。
関連記事:字を読む大人、絵を読む子ども

ブログ担当:教頭
posted by 横浜昭和幼稚園 at 15:14| えほん

2018年11月09日

個人面談ありがとうございました。

個人面談ありがとうございました。
保護者の方と子ども達の成長や心配事等を共有する良いに時間になりました。
その中で、小学校への不安を抱いている方がいる事もわかりました。

小学校に入ったら、時間割がある生活が出来るかな?
先生の話を聞けるかな?

幼稚園には、小学校への接続が上手く出来る様に
アプローチカリキュラムというものがあります。
簡単に説明しますと、自分の意見を言ったり、友だちの話を聞いたり、
グループで相談したりする事です。
年長のお泊り保育や運動会のリレー、お遊戯会の役決め等ですね。
年少・年中の間にも、その芽が育つように意見を言ったり
考えたりしながら生活を送っています。
そして、その遊びや生活の中で学んだ事が小学校へと繋がっていきます。

小学校では、幼児期に子ども達が遊びの中で育まれた事が円滑に接続される様に考えられたスタートカリキュラムと言う物があり、絵本の読み聞かせをしたり、学校探検をしたり、小学校に馴染めるような活動をします。

この、アプローチカリキュラムやスタートカリキュラムは、本年度の幼稚園教育要領・小学校学習指導要領の改訂で明文化されました。その為、近隣の小学校で始まったスタートカリキュラムにどのような効果があったのか等、近いうちに確認したいと思っております。

また、幼稚園と小学校の接続についての講演がありますので、
興味のある方はご参加下さい。
幼稚園の玄関の掲示板にもお知らせのプリントが掲示してあります。
保護者・地域と共に学ぶ健やか子育て講演会.pdf

長文を読んで頂きありがとうございました。
ブログ担当:教頭
posted by 横浜昭和幼稚園 at 16:20| お知らせ